ブレイズ

2020.06.24

カテゴリー: 修理

こんにちは!

 

今日は平針運転試験場に来ております。

ようやく、二輪免許の取得関連が終わりを迎えました💨

今回は前回よりも比較的スムーズに免許交付が進んでる気がします。

今日の仕事終わりにはまたツーリングに行ってしまいそうですw

 

 

さて、今日の内容は『ハーレー ブレーキペダル修理』になります。

ハーレー ブレーキペダル修理

今回修理するのはハーレーのスポスタ。

 

ハーレー ブレーキペダル修理

ブレーキペダルがパカっと割れてしまってます。

ウチヘ持ち込まれた時にはバンドで留めてるだけでしたw

ペダル自体を外そうかと思いましたが、そのまま溶接する事に!

 

ハーレー ブレーキペダル修理

なるべく周辺に熱が回らないように濡れタオルを巻いて溶接。

表面を軽くサンダーで擦っただけで綺麗に溶接できました。

古いアルミ鋳造品なのでボソボソにならないか心配してましたが。

 

ハーレー ブレーキペダル修理

開先を入れて溶接したので、ビートカットしフラットに!

ちょっとココだけがキレイになってしまいましたが、そのうち風化(酸化)して周りと馴染むと思います!✋🏻

 

 

以上、『ハーレー ブレーキペダル修理』でした。

 

それでは。

対応エリア

愛知県の尾張地区を中心にご依頼を承っております。

岩倉市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、一宮市、北名古屋市、犬山市、稲沢市、津島市、あま市、春日井市、清須市、大治町、豊山町、名古屋市北区、名古屋市守山区、名古屋市西区


記載のない地域もご対応できる場合もございますので、ご相談ください。

TOPブレイズができること加工技術会社概要・お問い合わせフォーム製作事例・ブログ