ブレイズ

2021.03.04

カテゴリー: 修理

こんにちは!

 

つい先日、某SNSの広告に目が止まりついついポチッとしてしまいました…

金型 溝埋め補修

衝動買いしてしまったのがコチラ。

ボクの好きなラーメン店『天下一品』さんが自宅で味わえるというセット「家麺」!

最近は飲みに行く事がほとんど無く宅飲みばかりですが、その〆にと買ってしまいました😅

 

6食入りを購入したのですが、賞味期限を見たら10日ほどしかありません💦

かといって毎日食べ続けるワケにもいかないし、休日にでも家族にお裾分けする事にします💨

 

 

さて、今日の内容は『金型 溝埋め補修』になります。

金型 溝埋め補修

機械加工屋さんからのご依頼で、金型の不要な溝を埋めて欲しい!との事でした。

 

金型 溝埋め補修

サクサクっと溶接して作業は完了です💨

 

途中で溶接の脚長(ビードの幅)が違うのは、金型の中空部分(空洞)と無垢の部分があり、溶接電流を変えているから。

こういう時、溶接を一度とめるのではなく溶接機の「クレータ機能」を使って1パスで流します。

「初期電流」→「溶接電流」→「クレータ電流」とそれぞれ電流値を設定できるので、母材の条件にあわせて設定してやると便利です✋🏻

 

 

それでは。

対応エリア

愛知県の尾張地区を中心にご依頼を承っております。

岩倉市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、一宮市、北名古屋市、犬山市、稲沢市、津島市、あま市、春日井市、清須市、大治町、豊山町、名古屋市北区、名古屋市守山区、名古屋市西区


記載のない地域もご対応できる場合もございますので、ご相談ください。

TOPブレイズができること加工技術会社概要・お問い合わせフォーム製作事例・ブログ