BLOG

2021.09.01

カテゴリー: 改造

こんにちは!

 

昨日はまた、やってしまいました…

ブログを書いていたのに投稿直前で来客があり、そのままうっかり忘れていました💦

ここ最近もずっと慌ただしく、色んな事を忘れてしまいます😱

納期だけは把握しているのが唯一の救いですが😅

 

さて、今日の内容は『チタンマフラー O2センサー取り付け』になります。

先週、飛び込みで依頼がありました💨

チタンマフラー O2センサー取り付け

お客さんが持ってきたチタンマフラー。

パッと見は研磨してあったのでステンレスかと思いましたが、間違いなくチタンでした。

こちらのマフラーに支給されたセンサーフランジを取り付けていきます!

 

チタンマフラー O2センサー取り付け

マフラー両側の指定位置に穴あけから行います。

まずは下穴を!

 

チタンマフラー O2センサー取り付け

そこからセンサーフランジに合わせた径で拡張します。

パイプの板厚は薄かった(t:1.0)のでステンレス用ホールソーで穴あけできました。

 

チタンマフラー O2センサー取り付け

最後にセンサーフランジを溶接したら作業は完了です♪

チタンは酸素を嫌うので、バックシールドとアフターフローをキチッと行えば特段、難しい溶接ではないと思いますよ✋🏻

(手間とコストは掛かりますが!)

 

 

それでは。

対応エリア

愛知県の尾張地区を中心にご依頼を承っております。

岩倉市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、一宮市、北名古屋市、犬山市、稲沢市、津島市、あま市、春日井市、清須市、大治町、豊山町、名古屋市北区、名古屋市守山区、名古屋市西区


記載のない地域もご対応できる場合もございますので、ご相談ください。

TOPブレイズができること加工技術会社概要・お問い合わせフォーム製作事例・ブログ