BLOG

2021.09.03

カテゴリー: 修理

こんにちは!

 

今日は朝から知り合いがウチのフォークリフトを借りに来ました。

ステンレス製鍋蓋 修理

知り合いのジェットスキー用トレーラーが車検のようでジェットを積んだままだと車検を受けられないそう。

ジェットの積み下ろしにリフトは便利だそうで毎年、この時期になると2〜3人の方が借りに来られますw

 

 

さて、今日の内容は『ステンレス製鍋蓋 修理』です。

ステンレス製鍋蓋 修理

忘れた頃にやってくる鍋蓋の修理で、今回もブログをご覧になられた方からのご依頼です。

いつものごとく、取手が外れてしまった蓋を修理していきます💨

 

ステンレス製鍋蓋 修理

修理方法は、蓋のスポット溶接跡に下穴を空けて、裏側から取手と栓溶接します!

 

ステンレス製鍋蓋 修理

見た目はスポット溶接と同様ですよ。

 

ステンレス製鍋蓋 修理

裏側の溶接跡を軽く仕上げたら、修理は完了です✋🏻

 

 

それでは。

対応エリア

愛知県の尾張地区を中心にご依頼を承っております。

岩倉市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、一宮市、北名古屋市、犬山市、稲沢市、津島市、あま市、春日井市、清須市、大治町、豊山町、名古屋市北区、名古屋市守山区、名古屋市西区


記載のない地域もご対応できる場合もございますので、ご相談ください。

TOPブレイズができること加工技術会社概要・お問い合わせフォーム製作事例・ブログ