ブレイズ

2019.10.14

カテゴリー: 製作事例

こんにちは!

 

 

今日は3連休の最終日。

午前中、地元では「秋祭り」が行われていました。

 

そもそも秋祭りとは、神様に農作物の収穫を感謝するお祭りだそうです。

 

氏子さんたちと豊作感謝の神事を行ったあと、地元の女の子達が巫女舞を、その他の子たちは町内を獅子舞を披露しながら練り歩きます。

 

都会では行うのか分かりませんが、田畑のある地域では秋祭りはほとんど開催されるのではないのでしょうか。

 

今日はボクの娘も巫女舞を披露するとの事でしたので、チラッと覗いてから仕事をしております。

 

 

さて今回は、先日製作しました『ダクト』のご紹介です。

 

ステンレス  ダクト製作

ステンレス  ダクト製作

ステンレス板をロールで巻いた本体に、アングルをR曲げして製作したフランジを取り付けたごく普通のダクトですw

 

上の写真の方は分かりづらいかもしれませんが、内部が二重構造になっておりコチラは結構手間がかかりました…💦

 

こういったシンプルなものでも、フランジ⇄フランジのピッチが違うと取り付かないとかクレームになるので、当然その辺はしっかりと合わせておりますよ!

 

そんな事で「信用」を落としたくないですからね。

 

 

以上、『ステンレス  ダクト製作』でした。

 

 

それでは。

 

2019.10.13

カテゴリー: 製作事例

こんにちは!

 

 

昨日、台風19号が通過していきましたが関東地方はじめ各地では様々な被害が出てしまったようで…

一刻も早い復旧を願っております。

 

地元では幸い大きな被害はなかったようですが、各種イベント等が中止になったり交通機関、店舗の臨時休業など経済面にも影響はありました。

 

たとえ台風が通過したあとでも「2次災害」等もありますので引き続き警戒は必要ですね!

 

 

さて先日、ステンレス製の『アングルフレーム』を製作しました。

 

ステンレス アングルフレーム製作

今回使用した材料は…

 

・3×40×40  HL(ヘアーライン)

 

製薬工場の機械のフレームになります。

衛生面を考えてヘアーライン仕上げになっております。

 

こういったフレームを製作する中で重要なのは本体寸法は取り付け穴のピッチはもちろん、各面の対角が出てないとガタついたりと高い精度が求められます。

 

溶接していくと縮んで短くなるという事も計算しながら材料のカットから正確に行わなくてはならないですし。

 

材料カットや歪み取りなど完成した後では分からない事も製作段階には隠れており、また仕上がり精度も大きく変わるので、ソレらひとつひとつの工程を妥協せずに今後も製作していきたいと思います!

 

 

以上、『ステンレス  アングルフレーム製作』でした。

 

 

それでは。

 

2019.10.12

カテゴリー: その他

こんにちは!

 

 

台風19号が接近しており、雨や風が強くなってきました。

大きな被害が出ないように願うばかりです。

 

 

さて今回はステンレス製の『円筒型カバー』を製作しましたのでご紹介。

 

ステンレス  カバー製作

半円にR曲げした本体に、三日月型のフタを溶接していきます。

 

 

ステンレス  カバー製作

まだ仮付け段階ですが、このように2つ合わせて1つのカバーになります。

カバー内側に保温材と内装板をセットして使うのですが、ウチでは本体の製作のみ。

 

ステンレス  カバー製作

溶接後、粗擦りをして…

 

ステンレス  カバー製作

バフ研磨したら完成です!

 

 

以上、『ステンレス  カバー製作』でした。

 

 

それでは。

 

1 / 4012345...102030...最後 »

対応エリア

愛知県の尾張地区を中心にご依頼を承っております。

岩倉市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、一宮市、北名古屋市、犬山市、稲沢市、津島市、あま市、春日井市、清須市、大治町、豊山町、名古屋市北区、名古屋市守山区、名古屋市西区


記載のない地域もご対応できる場合もございますので、ご相談ください。

TOPブレイズができること加工技術会社概要・お問い合わせフォーム製作事例・ブログ